創業安政の頃。嵯峨豆腐森嘉の「心」。

嵯峨豆腐森嘉 公式ホームページ


 

>
会社概要

 

店主ご挨拶

 

 いつもながら、皆様の暖かいご贔屓を戴き、厚く御礼申し上げます。嵯峨豆腐森嘉は、初代嘉助、2代目松之助、3代目庄太郎、4代目進次、現在の源一が5代目で、6代目が邦夫でございます。

 この間常に、お得意様方のご厚恩を忘れることなく、喜んでいただける豆腐つくりに専念してまいりました。

 おかげさまで、昨今では広く「嵯峨豆腐」という名前で呼んで頂けるようになり、由緒深い嵯峨名物の1つに加えて頂くようになりました。

 創業より150余年を迎え、「創業安政年間の歴史に自覚を持ち、嵯峨豆腐を通じて社会に貢献します」を経営理念に掲げ目下創業200年を目指して日々専念しているところでございます。今後とも、変わらぬご贔屓を賜ります様お願い申し上げます。

 

 

 

会社概要

 

社 名 株式会社 嵯峨豆腐 森嘉
登録商標

第0878819号、第1266302号、第2566228号

嵯峨豆腐は登録商標です。

所在地

〒616-8447 京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町42番地

[TEL] 075-872-3955 [FAX]

 設立年月日 昭和45年5月1日
 資本金 1,000万円
 代表者 代表取締役社長 森井源一
 事業内容 豆腐油揚げ製造・小売・卸
取引銀行 京都銀行 京都中央信用金庫 京都信用金庫
 URL  http://www.sagatofu-morika.co.jp

 

 

沿革

 

安政の頃 初代森井嘉助現在地にて開業、屋号を森嘉と定め代々継承す。  
明治9年4月6日 初代嘉助他界の為、二代目松之助継承す。  
大正4年5月16日

二代目松之助他界の為、三代目庄太郎継承す。

三代目になり大本山大覚寺、大本山天龍寺及び嵯峨地区各寺院の御用達となる。

 
昭和28年頃 関西では飛龍頭、関東ではがんもどきの特製を発売。  
昭和32年11月1日 三代目庄太郎他界の為、四代目進次継承す。  
昭和34年

文芸春秋に故吉井勇先生の「うつし世の淡々とせし味はひは嵯峨の豆腐にしくものぞなき」の歌が記載さる。屋号森嘉の頭に嵯峨豆腐を入れ、嵯峨豆腐森嘉と決定。

国泰寺管長稲葉心田老師の揮毫に成る看板を掲額。

川端康成先生の古都の中にも森嘉の名前が出る。

 
 昭和44年2月 京都府開庁百年記念に京の老舗として表彰さる。  
昭和45年5月1日

株式会社嵯峨豆腐森嘉と会社組織に変更す。

資本金700万円 4代目森井進次代表取締役社長に就任す。

 
昭和45年11月 嵯峨豆腐森嘉 商標登録第878819号登録さる。  
昭和46年7月 社屋改築着工  
昭和46年12月 第1期工事竣工  
昭和47年6月 第2期工事完成 竣工式挙行  
昭和48年~昭和57年 食品衛生優良施設市長賞連続10回授与。  
昭和52年4月25日 嵯峨豆腐 商標登録第1266302号登録さる。  
昭和58年5月20日 4代目進次代表取締役会長に就任、5代目源一代表取締役社長に就任する。  
昭和60年5月3日 4代目進次他界す。  
平成3年11月13日 京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町39番地 宅地406.61㎡を取得。  
平成5年10月14日 資本金1,000万円に増資。  
平成14年2月20日 5代目森井源一 京都府優秀技能者表彰(現代の名工)  
平成16年11月25日 5代目森井源一(株)新潮社より「豆腐道」出版。